kobayashi-pf


kobayasi

小林哲也(コバヤシテツヤ)

放送作家

笑いに古いも新しいも無いと考えます。

「古いネタ」も技量が優れていれば(又は人間に魅力があれば)会場は爆笑に包まれます。
プロとしてお金の取れる演者です。

「新しいネタ」でも演者だけが面白がっているもの、客層を考えない独りよがりの演者はうけません。
こんな演者はお金がとれません。
新しくて、誰にも分かるお笑いがベストですが…。「新しいけど分からないネタ」は、最低ランク。
それは、つまらないから過去の芸人さんたちがスルーしたネタです。

そして、例外もあります。

新しくてつまらないネタなのに、演者の強烈な個性と魅力(リズム)等で
意味もなく客が笑ってしまうケース。
これは、作家には作れない笑い。自作自演でないとありえません。
一発屋を狙うなら、これはアリです。

私は目の前のお客さんを笑わせた演者が一番偉いと考えます。
「自分の好きなネタをやる」なら学生のサークルと同じ。
自分のセンスより、客に合うか合わないかが大切です。
客に合わせられず「俺のセンスが分からない客は嫌だね!」と嘆く芸人。
その方は、実はセンスが無いのです。
売れた方は皆、客層に気を使います。「うける」為にやっているのだから当然です。
「うけない」のを決して客のせいにしないで下さい。

私は「ここに来たお客さんが楽しめる芸人達」の助けになりたいと考えます

経歴などはこちら